島根県が「リーン・スタートアップ」を意識したビジネスモデル創出支援を実施。システム開発にはRubyとアジャイル開発を採用。関連書籍の出版もあり、最近はアジャイルなプロダクトマネジメントへを実践していこうとする動きが出てきていますね。

「リーン・スタートアップ手法を取り入れる」、島根県がビジネスモデル創出支援:ITpro

事業はリーン・スタートアップと呼ばれる手法を取り入れて進める。リーン・スタートアップとは、短期間で仮説の検証とピボット(小さな方向転換)を繰り返し、ビジネスモデルを発見するプロセスである。具体的には「申請段階での仮説に対して第1段階では、必要最小機能(MVP、Minimum Viable Product)による検証、評価を行い、それをクリアできて初めて第2段階であるサービス開発を行い、サービス開発後もサービス投入、検証、サービス改善へのフィードバックループを繰り返す」(島根県)。

リーン・スタートアップ ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

4822248976

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">