U理論』の解説記事から「感じ取る(Sensing)」ことについて。

U理論が導くイノベーションへの道:「出現する未来」を実現する7つのステップ――感じ取る:Sensing(前編) (1/2) – ITmedia エグゼクティブ

日々オフィスにいて、同じ人と話をし、同じ人とランチに行き…みたいな生活では、どうしてもこの「感じ取る(Sensing)」力は衰えてきますね。

デイリーブログ『マインドリーダーへの道』の今日の記事「優れたアイディアは、充実したライフから生まれる」で書かれていたことも同じだと思いますが、意識的に「感じ取る(Sensing)」力をつけるための体験を日常的に積み重ねていくことは大切ですね。

「感じ取る(Sensing)」という言葉にするとあまり大したことのないように聞こえるかもしれませんが、わたしは「感じ取る(Sensing)」を実践するかどうかが月並みな成果を出す人と卓越した成果を出す人の分かれ道になると実感しています。

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術
C オットー シャーマー C Otto Scharmer 中土井 僚
4862760430


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">